≪腕の脱毛法≫毛抜きで抜くときの注意点

ムダ毛を毛抜きで抜いて処理したことがありますか?

 

カミソリで剃った後とは違い、お肌がとてもきれいに見えますよね。

 

ただ、毛抜きで1本1本抜くのは、とても時間が必要だし、根気のいる作業。

 

けれども、やはり見た目のお肌の美しさは、他の処理方法とは比べ物にならないほどなので、ついついやってしまいます。

 

毛抜きでムダ毛を処理するときは、何に気を付ければよいのでしょうか?

 

まず、処理する部分のお肌を清潔にしておきましょう。

 

また、処理する部分を蒸しタオルなどで温めておくと、毛穴が開いて毛が抜けやすくなりますよ。

 

お風呂に入った後などは、お肌も清潔だし温まっているので、抜けやすいでしょうね。
長く伸びた毛は抜きずらいので、ハサミであらかじめ短めにカットしておくと良いでしょう。

 

また、皮膚を引っ張りながら抜くと、痛みが軽くなりますよ。

 

ムダ毛の生えている方向とは逆方向に抜いてしまうと、途中で切れたり根元から抜けない場合もあります。

 

途中で切れたり根元から抜けなかった場合は、埋没毛になってしまって、処置が必要になってしまう場合があります。

 

脱毛の処理が終わったら、ローションなどで保湿するとともに、皮膚が赤くなってしまった場合は冷たいタオルで冷やす、また出血してしまった場合は消毒するようにすると、お肌トラブルを防ぐことができます。